ヨガの旅 ①

2018 ヨガ旅 in ubud 行ってきました。


b0146659_15291804.jpeg



日常生活の中にヨガを取り入れることがとても大切だと思っている私ですが、



◎日常とは違う環境に身を置いて、いつもと目線を変えてみる


◎自分の役割(仕事の立場、母、父、妻、娘などなど)から離れてみる


◎起きることすべてを全身で感じてみる



そうすることで確認できること、今の自分を知ることにつながると思っています。


だから日常から離れたところへ行ってヨガする、リトリートが大好き。



バリはヨガをするにも最高の場所^ ^



今回は滞在先のホテル Bagus Jatiにて、お祈りの儀式に使うお供え( チャナン) 作りをして、実際にお祈りして頂きました。


b0146659_15210377.jpeg



バリではバリヒンドゥーの教えに従って、毎日お供え、お祈りします。



四角、三角、まる


三種類のチャナンは、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ を表しているそう。



創造・維持・破壊  



始まりがあれば、終わりがある。

そしてまた始まる。


すべてのものはそのようにして成り立っているのですね。


私はヨガクラスで唱えませんが、「オーム」もこのことを表している音です。



チャナンの素敵なところは、すべて自然に還るものだけを使っているところ。

街のいたるところにお花や椰子の葉を目にします。

考え方を日常の行動に反映している、あたりまえのことをあたりまえにしているバリの人たち。

素敵だな。


そして、バリヒンドゥーは、八百万の神を信じる日本の神道に近いものがあるんだよ、と教えてくれました。


b0146659_15302551.jpeg


自然の神様、宇宙の神様、ここにいる神様、すべての神様。



バリにいて落ち着くのは、そんな共通点があるからなのかなと思ったりします。



みんな正装でパチリ。

寺院に行く時はサロンをして腰紐を巻きます。


b0146659_15235047.jpeg


なかなか派手でいいね!


ハプニングもありましたが、みなさんが無事に過ごせて帰宅できたことに感謝しています。


神様、ありがとう。




続きは次回。



















[PR]
by taipeibazaar | 2018-02-20 15:17 | 日々のあれこれ