アーユルヴェーダで取り組む乳がんの予防と対策


今日、ヨガのTTで同期だった、ももよちゃん主催のWSに参加してきました。

アーユルヴェーダやヨガのteacher である彼女の
乳がんに対する思い、
今、乳がんで悩んでいる人へ伝えたいこと、
たくさんのことを話してくれました。

その中でも印象的だったこと。

「手術で腫瘍を取り去ることは、最短のデトックス」であるということ。
手術は悪いことじゃない、ということ。

ヨガをしていたり、アーユルヴェーダを学んでいたり
食事にとても気を使っていたりすると、
いや、もちろん普通に考えても、
なるべく手術をしたくない、切りたくない、と思います。
自然の力で治ったという話もあるし、それも嘘ではないと思います。

でも。
それでは治らないケースだってあります。

東洋医学と西洋医学、どちらも大切で
ヨガやアーユルヴェーダが「こう言ってるから」ではなくて、
「自分」がどう思っているのか。何を大切にしているのか。
そうして自分と繋がって、バランスよく使って、治していくのがいいのだと思います。

WSでみんなの話を聞いていて、改めて思ったことです。

東洋でも西洋でも、使えることは使って、
検査もしっかりして、日々の生活で自分を大切にして。

なにより、生きていることが大切。

今、元気なら
年に一度は検診を受けてチェックする。
普段も、オイルマッサージしたりして、自分のからだを触ってみる。
ストイックになりすぎない程度に食事も気をつけてみる☆

できることは、いっぱいありますよね!

とっても有意義な時間でした☆
自分の為だけでなく、周りにいる大切な人のためにも
体、いのちを大切にしたいですね(^u^)


ちなみにこのWSは、月に一度開催されるそうです。
ももよちゃんのHPは
こちら☆

素敵なヨガウェアもありますよ〜
[PR]
by taipeibazaar | 2010-05-16 20:53 | 日々のあれこれ